読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOP

閲覧ありがとうございます

 リンクは禁止ではありませんが、一言連絡いただけると嬉しいです。

 

連絡等はtwitter @yasaikkiにどうぞ

 

 ・7th全国シングル

天草砂

 

・アローラシングル

ミミッキュマンダパル(Harvest Best8)

テテフカグヤガブギャラ(S1)

天草砂

自分の名前を天候パにつけるのが夢でした。

 

f:id:yasa183:20170319210530p:plainf:id:yasa183:20170319210549p:plainf:id:yasa183:20170314234712p:plain

f:id:yasa183:20161219004204p:plainf:id:yasa183:20170314234634p:plainf:id:yasa183:20170116180531p:plain

ミミッキュの画像がない為カゲボウズで代用。

 

 

 

ギガイアス@さらさら岩 ロックブラスト/大爆発/重力/ステルスロック

191-172-180-x-102-46

ドリュウズ@ジメンZ 地震/アイアンヘッド/岩雪崩/剣の舞

185(0)-205(252)-81(4)-x-85(0)-140(252)

ボーマンダ@メガ石 捨て身タックル/地震/羽休め/竜の舞

183(100)-192(156)-101(4)-x-101(4)-151(244)

ミミッキュ@フェアリーZ じゃれつく/呪い/身代わり/痛み分け

131(4)-142(252)-100(0)-x-125(0)-162(252)

キノガッサ@気合いの襷 マッハパンチ/種マシンガン/岩石封じ/きのこの胞子

135(0)-182(252)-101(4)-x-80(0)-134(252)

パルシェン@ラムの実 つらら針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

125(0)161(252)-201(4)-x-65(0)-122(252)

 

 ・ギガイアス

 砂始動。個体に関してはHA、HB、HDの3択あったが環境を知らなかったので借りたものをそのまま使うことにした。爆発するよりもステロを撒きたい相手が多く、結果的に耐久に厚くしたのが正解だったように感じた。技構成は重力とヘビーボンバーで少し悩んだが、カプテテフが試運転時に一度も出てこず腐っているように感じた為地震の一貫をとれるようになる重力を採用した。

 

ドリュウズ

砂エース。選出時にはまずドリュウズを出すかどうかから考える。構成は特に弄る必要もなく感じたのでシンプルに強い基本的な形とした。ジメンZの抜き性能が非常に優秀で、7世代以前ならストップされていた耐久ポケモンに対して積みを行わずに突破できる点は非常に強力であった。厳しい展開でも上からアイアンヘッド、雪崩でそこそこの確率でワンチャンつかめるのでストレスがたまらず楽しくポケモンができる。

 

ボーマンダ

環境がよくわからなかったので感覚で採用した。ガルーラとランドロスを重く見るならこの型、高速鋼を重く見るなら陽気、ミラーやパルシェンを重く見るなら両刀。もっと言えば後述の表選出を重視するなら陽気、裏選出を重視するならその他という感じ。環境に合わせて動かせる枠であり、ギガドリとの相性が抜群で単純に強い。

 

ミミッキュ

裏選出の要。フェアリーZ呪いは確定枠で、純正受けループに対して勝つ手段に乏しかった為崩しにいける身代わり痛み分けを採用したが未だにオフ、レーティング含めて一度もマッチングしていない為影打ち挑発にしたほうが全体の勝率が上がりそう。

 

キノガッサ

対面性能の鬼。選出画面においてギガイアスが不利をとる相手の初手水ポケモンや鈍足に対し強い圧力をかけられるので実際に選出しなくても強いポケモン

 

パルシェン

微妙に重いボーマンダや、どうなろうとダルそうなミミッキュを威圧するポケモン。選出率は断トツで低く、表も裏選出も厳しい相手に対してたまに出していく程度だが並びの相性自体はかなりいい。相手の選出とプレイングを縛れる点ではキノガッサと同じく選出しなくても仕事をしているといえる。持ち物はなんでもよかったが、甘えた鬼火ミミッキュカバルドン展開がめんどくさそうだったのでラムの実。

 

 

・基本選出

ギガイアスドリュウズボーマンダ(表選出)

ミミッキュボーマンダキノガッサ(裏選出)

 

・実績等

関東シングルフェスタbest32

レーティングシーズン2 最高&最終R1804  11勝2敗

 

・雑感

関東シングルフェスタに参加する為に組んだ構築。

対戦参加に通った一週間前まで全くポケモンに触れておらず、一番得意な高種族値なスタンダードは環境的にも組み方すらわからなかったので、軸が分かりやすく構築難易度もプレイングもわかりやすいギガドリを組むところからスタート。適当に感覚で強そうな並びをいくつか作り、そこから一番勝てそうなものを持ち込んだ。

それでも予選での3敗と本戦の負けは運要素が絡むものもあったものの、明らかに選出orプレイングミスが負けに直結しており、準備不足を後悔した。しかしながら非常に強い並びであると感じ、最低限の予選抜けとシーズン2終わりということで公開することにした。レーティングはあまりやる気が起きなかったので最後に少しだけやって終了。シーズン3は暇があれば上位争いに加わりにいきたい気持ちはあります...

 

・すぺしゃるさんくす

ギガイアスを貸してくれたゆうちかさん

カプコケコを貸してくれたキッスさん(使わなかったが)

関東シングルフェスタスタッフ&対戦していただいたみなさん

 

キャラランク(メガ)

初めてのキャラランク記事。全体のを書こうと思ったら量が多すぎて萎えてしまったのでメガキャラ限定で。

 

 

S 文句なく強い

f:id:yasa183:20170314234712p:plainf:id:yasa183:20170314234839p:plainf:id:yasa183:20170314234611p:plain

A 割と強い

f:id:yasa183:20170116180445p:plainf:id:yasa183:20170314234701p:plainf:id:yasa183:20170314234744p:plain

B アリではある

f:id:yasa183:20161219003925p:plain

 

C ワンチャンor特殊な構築なら

f:id:yasa183:20170314235955p:plainf:id:yasa183:20170314235054p:plainf:id:yasa183:20170314234813p:plainf:id:yasa183:20170314235620p:plainf:id:yasa183:20170314235006p:plainf:id:yasa183:20170314234740p:plainf:id:yasa183:20170314235014p:plain

 

ボーマンダ:雑に強い。

メタグロス:器用貧乏にならない為には構築スキルが必要。メインメガとしてのパワーがあるかといわれると微妙かもしれない。

リザードン:ニトチャからの抜き性能は魅力。

ガルーラ:強いけど現環境での形を見つけられていない印象。

クチート:トリルミミッキュと合わせての切り替えしが強そう。上からのZにどれだけ抗えるかが課題。

ゲンガー:フェアリーに弱点が突けて、汎用性のあるゴースト技も打てる上に相手の展開阻害もできるので普通に特殊アタッカーとして生きる道はありそう。ミミッキュが怖い。

ギャラドス:雰囲気は悪くない。舞った後の抜き性能がもう少しあればよかった。

 

 

 

現環境メガ進化がイマイチパッとしないというか、Zにばかり目が行ってる気がしますよね。特にガルーラ弱体後はASがほとんどなイメージだけど、もう少し色々あるんじゃないかなという感想は受けました。全国シングル環境最初のシーズンなのでここからどのような変遷があるのかが楽しみです。

 

 

 

 

 

ミミッキュマンダパル(Harvest Best8)

f:id:yasa183:20161219004204p:plainf:id:yasa183:20161227054739p:plainf:id:yasa183:20170116180531p:plain

f:id:yasa183:20170116180445p:plainf:id:yasa183:20161129154743p:plainf:id:yasa183:20161129154856p:plain

 

*カプ・テテフの画像がない為ミノムッチ(ゴミのミノ)で代用

*カプ・コケコの画像がない為シンボラーで代用

*ミミッキュの画像がない為カゲボウズで代用

 

使用者 まなてぃー harvest best8

 

はいアローラ。

シーズン1も終わりということで、先日開催されたポケモン対戦オフのHarvestで予選抜けをした構築を記事にしました。オフの前日に突然まなてぃーさんからオフで使う構築を下さいと泣きつかれ、仕方なくその時に使用していた構築を渡したら予選抜けできたようなのでよかったです。突然のことだったので完成度としては完璧とは言えませんが、強い構築であることには間違いないはずです。

同構築で少しレートには潜ったのですが、12月~1月は忙しく時間がうまくとれなかった為そちらの方で満足のいく結果を出せなかったのは残念です。

 

f:id:yasa183:20161219004204p:plain

ミミッキュ@フェアリーZ 陽気

じゃれつく/影打ち/鬼火/剣の舞

131(4)-142(252)-100(0)-x-125(0)-162(252)

 

最速鬼火をすることで中速以下の物理を崩せるポケモン。本来起点にされるパルシェンに対しても鬼火があることで対応できるようになっている。欠点としてシャドークローが採用されていないことでフェアリーが通らない際の打点に乏しい面があり、ミミッキュ本来の強みであるメインウエポンが半減されない点の魅力は半減している。

 

f:id:yasa183:20161227054739p:plain

ボーマンダボーマンダナイト 意地っ張り

恩返し/地震/竜の舞/羽休め

183(100)-203(156)-151(4)-x-112(12)-170(236)

 

パルシェンやテテフコケコとの相性がいいメガ枠。型に関しては諸説あるが、メガルカリオ等の速い鋼を重く見るならば最速、それ以外ならばこの振り方で問題ない。パルシェンの起点になることを嫌がるならば竜の舞の枠を流星群にすることでついでに相手の無振りメガボーマンダを75%、無振りガブリアスを70%で落とすことができる。

 

f:id:yasa183:20170116180531p:plain

パルシェン@気合いの襷 意地っ張り

氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

126(4)-161(252)-200(0)-x-65(0)-122(252)

 

シーズン1において最も猛威を振るったであろう襷パルシェン。起点にできる範囲の広さや止めにくさで多くの相手に対して強い圧力をかけることができる。シーズン後半になるとパルシェンをなんとかする為の初見殺し的なポケモンも多く見られるくらいに対策必須のポケモンになっていた。選出画面ではまずパルシェンで勝てるかどうかを判断し、難しいようなら誘うポケモンをうまく腐らせられることを考えたい。

 

f:id:yasa183:20170116180445p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張り

捨て身タックル/地震/岩石封じ/不意打ち

207(212)-192(242)-101(4)-x-122(12)-125(40)

 

ボーマンダが出しにくい時のメガ枠として採用。ガルーラとしての単体性能を残したかったので技構成は基本的に癖のないものになっている。岩石封じは相手のボーマンダパルシェンが強引に起点にしてくるのを防ぐのに有効な技。しかしながら炎技や氷技が欲しいと感じる場面も少なからずあり、捨身岩石文字冷凍ビームという技構成に変えることも考えたが時間的な都合で変更していなかった。

 

f:id:yasa183:20161129154743p:plain

カプ・テテフ@カプZ 臆病

167(172)-x-95(0)-161(84)-115(0)-161(252)

サイコキネシス/10万ボルト/自然の怒り/挑発

 

主に初手においてZ自然の怒りで崩していく。挑発は流行の襷パルシェンなどに有効で、積技でSを上げてくるポケモンのほとんどが最速テテフよりも遅いので崩しだけでなく相手の展開に対しても阻害できるポケモンになった。

harvestでは10万→シャドーボール

 

f:id:yasa183:20161129154856p:plain

カプ・コケコ@食べ残し 控えめ

10万ボルト/どくどく/身代わり/羽休め

177(252)-x-105(0)-132(36)-123(220)-150(0)

 

テテフパルが弱いスカーフコケコや、ポリゴン2テッカグヤ等のポケモンを絡めた並びを見てテテフパルで崩していけないと判断した時の裏選出として毒からの崩しが刺さるので毒コケコ。

 

 

構築全体のコンセプトとしてこちらの展開を通し、相手の展開を妨害することを目標としており、相手の積みエースに対してのストッパーが少ないシーズン1の環境においては正しい考え方だったかなという感想。自分で時間を作れなかったのが非常に悔やまれるところではあるが、シーズン2からは大幅に環境が変わるので切り替えて頑張っていきたいですね・・・

 

<すぺしゃるさんくす>

構築原案 くーるじー

使用者 まなてぃー

 

ツボツボーマンダ

僕の熱烈なファンから、6世代の頃にブログに書いたツボツボーマンダという並びをサンムーンでも是非使用してほしいという熱いリクエストを受け取りました。

そんなことを言われて悪い気分になる訳もなく、仕方がないので考察しました。

 

並びのやりたいこととしてはシンプルで、ツボツボがねばねばネットを撒いて相手の素早さを下げ、耐久に振ったボーマンダで積んで抜いていきます。

今作から電磁波が弱体化され、Sの高いポケモンを止める手段が環境にあまり存在せず、ねばねばネットという技は相対的に強化されたと考えています。

 

f:id:yasa183:20161227054723p:plainf:id:yasa183:20161227054739p:plain

ツボツボ@レッドカード 慎重HB

ねばねばネット/パワートリック/アンコール/どくどく

 

ねばねばネットを確定とし、ねばねばネットを撒いた後余裕があれば後続が積みやすくする為にパワートリックをいれ、ツボツボの低い攻撃面を積みポケモンが起点にしてくるのを防ぐ為のアンコールと相手を削る手段としてどくどくを採用しました。

 

 

ボーマンダボーマンダナイト 意地っ張りHAベース

恩返し/地震/羽休め/竜の舞

特にこれと言ってない普通のボーマンダです。ねばねばネットによりSに努力値を割く必要がなくなったため普段よりも起点にできる範囲が広くなり強力です。

 

 

 

残りの4匹の候補としてはオニゴーリポリゴンZなどの積んで全抜きを狙えるポケモンや、環境で挑発を持っている可能性のあるカプ・コケコに強いポケモンを採用したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボツボがサンムーンで出現しないと聞いて椅子から転げ落ちた

 

 

 

おわり

 

 

 

テテフカグヤガブギャラ

f:id:yasa183:20161129154743p:plainf:id:yasa183:20161129155732p:plainf:id:yasa183:20161129155027p:plain

f:id:yasa183:20161219003925p:plainf:id:yasa183:20161129154856p:plainf:id:yasa183:20161219004204p:plain

*カプ・テテフの画像がない為ミノムッチ(ゴミのミノ)で代用

*テッカグヤの画像がない為ドータクンで代用

*カプ・コケコの画像がない為シンボラーで代用

*ミミッキュの画像がない為カゲボウズで代用

 

 

 

こんにちは、流石にブログを作ってずっと記事を書かないのもなんだかなーと思ったので1、2週間前にシングルレート20位を取った構築の最終版を載せることにしました。環境の移り変わりが激しいのでメタとは多少外れる可能性はありますが、最近行われた九尾杯でもカプ・テテフが猛威を振るっていたようなので参考にでもなれば幸いです。

 

この構築は自分がレートに潜るにあたり、環境も全く分かっていなかった状態から明らかに強いと感じていたカプ・テテフからスタートし、そこから相性のいいテッカグヤ+ガブリアスorギャラドスを基本選出として残りの2枠を補完として採用しました。

 

また、自分はコンセプトの薄いスタンダードな構築を組む時にタイプ的に綺麗な並びを好み、現環境でのスタンダードな構築の骨組として電気+地面+鋼+水+ゴースト@1というのが非常に強力で隙のできにくい並びになると考えているのでその考えも並びに影響しています。

 

 

f:id:yasa183:20161129154743p:plain

カプ・テテフ@拘りスカーフ 控えめ

サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/10万ボルト

145(0)-x-95(0)-200(252)-136(4)-147(252)

 

C200からサイコフィールドの効果と合わせて強力なサイコキネシスを放つことができるポケモンとして注目し、その火力を上から打って制圧することを目的として持ち物は拘りスカーフとしました。フィールドの効果で先制技を封じることになるのでテテフの上から技を打ってくるポケモンはほとんどおらず、構築の主軸として据えるにふさわしいポケモンだと思います。

サイコキネシスムーンフォースは確定技、残りはギルガルドに打てるシャドーボールとテッカグヤに打てる10万ボルトとしましたが、拘りアイテム持ちなので基本的にはメイン技しか打ちません。環境と構築によってはハッサムに打てるめざめるパワー炎も候補になると思います。

 

f:id:yasa183:20161129155732p:plain

テッカグヤ@ゴツゴツメット 図太い

火炎放射/目覚めるパワー氷/ギガドレイン/宿り木の種

201(228)-x-170(252)-130(20)-122(4)-82(4)

 

テテフが苦手な鋼のハッサム等に繰り出す駒として相性がいいのでセットで採用。初期は上から宿り木身代わりをするのが強かったのでHSベースでしたが、拘りサイコキネシスを起点にしてくるメガギャラドスに対応することや、役割的に耐久面に特化させたほうがいいという結論が出てHBベースに落ち着きました。

 

f:id:yasa183:20161129155027p:plain

ガブリアス@気合いの襷 陽気

逆鱗/地震/岩石封じ/毒突き

183(0)-182(252)-115(0)-x-106(4)-169(252)

 

現環境においてもガブリアスは最強ポケモンの一角であり、地面枠&ストッパーとして採用しました。拘りはテテフに渡したいというのもありますが、環境にフェアリーと鋼が多くドラゴン技で拘りたくないというのもあり気合いの襷を持たせました。

フェアリーと鋼が多いので逆鱗の一貫性はよくないですが、それでも打つ場面は多くあったのでメインウエポンに地震と逆鱗を採用し、S操作のできる岩石封じと環境に多いフェアリーに打つ技としてどくづきを残りに入れました。

 

f:id:yasa183:20161219003925p:plain

ギャラドスギャラドスナイト 意地っ張り

滝登り/氷の牙/地震/竜の舞

175(36)-194(252)-100(4)-x-121(4)-128(212)

 

S:準速カプ・ブルル抜き

当時の環境ではガラガラが多く、それに対応する為にメガ枠&抜きエースとして採用しました。ボーマンダでない理由は相手のテテフに対してテッカグヤを選出しない場合厳しくなってしまうと考え、悪タイプのあるメガギャラドスで起点にできるようにしました。3ウエポンはどれも環境では打ちたい相手がいて抜きにくい技であり、2ウエポン+舞挑発or身代わりはないと考えています。

 

f:id:yasa183:20161129154856p:plain

カプ・コケコ@食べ残し 控えめ

10万ボルト/どくどく/身代わり/羽休め

177(252)-x-106(4)-132(36)-122(212)-151(4)

 

C:H252メガハッサムを高乱数2発(87%)

構築に崩しがいなかった為、環境トップであるコケコに崩しを任せました。構築で重めの相手のコケコに対しても挑発や同型以外には強く出ることができ、コケコカグヤという強い並びも作れるので強い保管でした。

臆病個体しかもっていなかったのでレートでは臆病でガブリアス抜きのコケコを使っていましたが、実際にガブを抜いているメリットはあまりない為Sラインを下げた個体が理想なのでこの記事では控えめとしておきます。

 

f:id:yasa183:20161219004204p:plain

ミミッキュ@ゴーストZ 意地っ張り

 H131(4)-142(252)-100(0)-x-125(0)-148(252)

シャドークロー/じゃれつく/影打ち/剣の舞

 

構築に入ってきたのは一番最後でしたが、このポケモンがいることでサイクル前提のテッカグヤやカプ・コケコを絡めない対面的な選出のパターンを幅広く作ることができ、非常にマッチした保管でした。型は5匹でZ技を打つポケモンがおらず、ミミッキュの中で一番強いと考えている剣舞+ゴーストZとしました。

このポケモンは他のシャドークローやじゃれつくを打つマリルリギルガルドと比べ思ったよりも火力がなく、その為アタッカーとして採用するならば剣の舞を積むことは必須と言ってもいいでしょう。しかしながら化けの皮込みの対面性能は非常に高く、多くのポケモンに対して対面から勝つことができる上に剣の舞+ゴーストZで耐久ポケモンでも止まらないのでミミッキュを甘く見ている選出に対して1匹+αの仕事ができます。

 

 

・基本選出

カプ・テテフorカプ・コケコ+テッカグヤ+ギャラドスorガブリアス

カプ・コケコ+テッカグヤ+カプ・テテフ

ミミッキュ+ガブリアスorギャラドスorカプ・テテフから2匹

 

 

・Special Thanks

構築相談にのってくれたくーるじーさん&ミカソさん

 

 

なにかあればツイッター等でどうぞ

 

 

ブログ、始めました。

 

主にハースストーンについて書けたらいいなーと思いますが割と適当にやっていこうと思います、拙い文章ですがよかったら見てくださいね。